YUSUKE NAKAMURA.net

#01ヒグチユウコ×中村佑介

若い絵描きたちへ

中村最近、絵を描いている若い子たちの話を聞いていて、結構おどろく事が色々あって…。めちゃくちゃ上手いのに、別に絵でどうこうしようという気がまったくない。そういう子が多かったり。「ただの趣味です」っていう。自分の画力に自信が持てないとか、そういう事でもないんですよね。単純に絵を仕事にする気がない。人によって色々理由はあると思いますけど、一つには、インターネットが関係してるだろうなと思って。ネットって何でも検索できて何でも引っかかるけど、実は結構偏った情報ばかりを仕入れてしまったりするじゃないですか。その事に気づくのも難しいし。でも、若い頃はわりとそれを鵜呑みにしてしまう事もあります。だから、イラストレーターは食えないとか、成功してないとか。結構ネガティブな情報が蔓延している。たしかに、そういう状況もウソではないと思うんですよ。でもなんだろう…それだけじゃないのになって。それで、最初から諦めちゃうのって、勿体ないなと思う。その子たちが参入してきてくれないと、戦力増えないのに。もっと積極的にお金にしてくれよ、と僕は思うんです。

ヒグチわかります。もっと夢のある仕事だと思ってほしいですよね。別にそんなに食べられない世界じゃないし。私自身は、“イラストレーター”として長い事やってきているわけではないので、業界の事はよく知らないけど…。

中村いや、もうね、「イラスト業界」なんてほとんどないに等しいんですよ。それくらい盛り上がってはいない。でもだからこそ、空席がいくらでもあるのに。絵を描いている子は増えているのに、そんな状況、勿体ないですよ、本当。

ヒグチ専門学校に行ったり、美術大学に行ったりしている子ですら、「絵で食べてく気ない」って言いますもんね。「普通に就職します」って。いや、もちろん全然いいんだけど、私たちの世代の、美大出の人間からするとびっくりしちゃう(笑)。大変だろうと思うから諦めるんだろうけど、でも、実際はどんな仕事でも、「普通に就職」だってめちゃくちゃ大変なわけじゃないですか。そう考えると、美大に入るまでの努力とか、お金と時間もそこにかけてきたんだから…とは思いますよね。

中村そう。だから僕は、イラストレーターとして“お金”の話をもっとしていった方がいいんじゃないかと思ってるんですよ。それこそ具体的なギャラの話とか、そういう仕事が月に何本あるのか、とか。でも、絵を描いているような子たちって、そういう話が苦手なんですよね…。

ヒグチでしょうね~。「そんな話聞きたくなかった」みたいな気持ちはあると思う。綺麗なままでいてほしかった、みたいな(笑)。

中村純粋に絵が好きで、絵を描いているんだと思ってた、とか。いやいや。生活かかってるから(笑)。もう、長者番付にでも載れたら、わざわざ口で言う必要もなくなるんですけどね~。

ヒグチでも、たまに貪欲な子もいて、そういう子はとにかくアクティブにいろいろやってますよね。作品制作のみならず、色んな所に顔を出したり。で、実際に仕事に繋がっていって、世に出ている。そういう本人の積極性にかかってる部分は大きいと思います。だから、上手いのに「どうせ無理だから」ってどうにもしないのは、ほんと勿体ないですよね。世に出るための術が分からない、って話も聞くけれど、そんなの結構いくらでもある。別にコネがないと出られない世界じゃないし。私だって、コネなんてゼロでしたからね(笑)。それに、仕事を実際にやりはじめたら、もうあとは、いい仕事をするかどうかが一番じゃないですか。コネとか繋がりがどうのというより、もっと実力至上主義的な世界。だから、そんなに汚い世界でもないし、夢を持ってほしいなぁ。

中村ほんとそう。ヒグチさんとこういう話を出来て良かった~! そうなんですよ。別に汚い世界じゃないし、金の話だって汚くない。結局、お金って社会と自分との接点じゃないですか。絵に込めた意味が、クライアントやお客さんたちに100%伝わる事なんてない。でも、お金を払う価値を見いだしてもらうとか、そこでコミュニケーションを取っているわけですよね。「自分はアーティストだから」と言って、反則技みたいな感じで外から見てるんじゃなくて、そこを保ちながらもしっかり社会の中にポジションを確保する。ヒグチさんはそういう画家さんなんだな、って今日すごく納得しました。やっぱりね、画家であり、今最も売れているイラストレーターでもあるヒグチさんと、絵とお金についてのお話を出来たのは、重要ですよ。

ヒグチあ、こちらこそありがとうございます。中村さんとお話できてとても楽しかったです(笑)。というか、こういう話を聞いて、勿論簡単な道のりではなくて運も必要なわけですけれども、若いイラストレーター志望の人たちが「捨てたもんじゃないな、私もチャレンジしてみようかな」と思ってくれたらいいですよね。

(おわり)

ヒグチユウコ著『ヒグチユウコ作品集』

女子を中心に圧倒的人気の画家、ヒグチユウコ待望のファースト作品集。
100点以上の原画のほか、ホルベイン、Emily Temple cute、ユニクロ、資生堂、ninita、メラントリックヘムライト、あちゃちゅむなどのブランドとのコラボレーション作品多数。巻末にはペン画のハウツー、アトリエ紹介、本人による詳細な作品解説なども収録。ファン必携の決定版作品集です。

B5変型/並製/160pフルカラー
本体:2,300円(税別)/グラフィック社刊
http://www.amazon.co.jp/dp/4766125916

ヒグチユウコ著『ヒグチユウコ ポストカードブック』

大人気画家、ヒグチユウコによる全編描きおろしの珠玉のポストカードブック。
子猫、小鳥、女の子…掌サイズの作品集として、飾っておきたい宝物としても楽しめます。

B6変型/上製/48pフルカラー
本体:1,600円(税別)/グラフィック社刊
http://www.amazon.co.jp/dp/4766126300

ヒグチユウコ

画家。多摩美術大学卒。福沢一郎賞受賞。個展を中心に作品を発表。コラボレーションとしてホルベインのクロッキー帳、スクラップブック、お道具箱、マスキングテープなどのシリーズ、資生堂マジョリカマジョリカ、Emily Temple cute、UNIQLO、ninita、goblin、ボシュプルメット、メラントリックヘムライト、あちゃちゅむ、palm maisonやspoon.グラビアなどを手掛ける。

Yuko Higuchi Official Website
http://higuchiyuko.com/

▲PAGE TOP