YUSUKE NAKAMURA.net

#02鈴木 央×中村佑介

キャラクターのその先に

中村鈴木さん、何か野望ってあります?

鈴木野望!? うーん。自分が読んで「面白い!」と思える漫画を描く、とかですかね…。

中村今は違うんですか?

鈴木「面白くなるはず」と思ってネームは描いてますけど、いざ完成したものを見ると、やっぱりまだ反省する事の方が多いです。自分の作品なので、冷静に見ちゃいますし。でもそこで、一から没入して読めるくらいのものを描けたらすごいですよね。ま、無理かなそんなの(笑)。

中村それが無理だからこそ、やり続けちゃうのかもしれないですよ。

鈴木中村さんは、描きあがった自分の絵を見て、どういう風に思う事が多いですか?

中村僕は毎回「カンペキ!」って思ってます(笑)。でも、それはあくまで「イラストとしては」という意味。本当の野望は「生身の女性を超える」事なんですよ。中学生の頃、はじめて遊人さんの『校内写生』を読んだ時、「こんな漫画あるんだったら女子いらねーじゃん!」って本気で感じた。紙に描いてあるただの線なのに、その事を忘れるくらい興奮した。なんか、そういう感じ…。前に中学生の男の子のファンからメールが来て、「中村さんの描く女の子と付き合いたいです!」って書いてあって。それ、すごく嬉しかったんですよ。正直、他のどんな的を射た感想よりも一番。そういう事をもっと起こしたいんですよね。そういう意味で言うと、まだまだだなといつも思います。

鈴木でも、中村さんの女の子は本当に可愛いですよ。絵として綺麗なだけではなくて、それ以上に女の子として可愛いという感覚。あと、その中学生男子の「付き合いたい」という感想が一番嬉しいって、すごく分かります。僕も、作品のいいところを褒めてくださる感想はもちろん嬉しいけど、それ以上に「このキャラたちと一緒に旅をしたい」とか「一緒に飲みたい」とか…。そういうのが何より嬉しかったりする。記号としての“絵”とか“漫画”を超えて、その人の中に入りこめたんだなぁと思うとね。

鈴木ところで中村さん、これにサインを描いて頂けますか?

中村え!? ちょっと、僕の画集じゃないですか!

鈴木いや、本当に僕もともと中村さんの絵が好きで、画集ふつうに買ってて(笑)。だから、この対談の話を頂いた時も、すごいビックリしたんですよ。

中村うわーめちゃくちゃ嬉しい! こんな事あるんですね…! じゃあ、僕もこの『七つの大罪』の単行本にサインもらってもいいでしょうか。

鈴木もちろんです。僕もめちゃくちゃ嬉しいですよ。ありがとうございます。

(お互いのサインを見ながら)

鈴木おぉ、すげ~!

中村すげ~!! …もう僕たちもキャラや作品を越えて相思相愛ですね。よろしくお願いします。

──おめでとうございます(笑)

(おわり)

中村持参の『七つの大罪』コミックに鈴木さんが描いて下さった直筆のサイン(エリザベス)。

鈴木 央(すずき なかば)

漫画家。94年『Revenge』が、ホップ☆ステップ賞で佳作を受賞してデビュー。98年から「週刊少年ジャンプ」にて『ライジングインパクト』を連載。現在、12年から「週刊少年マガジン」にてスタートした『七つの大罪』を連載中。その他の代表作は『ちぐはぐラバーズ』(上下巻/秋田書店) 、『金剛番長』(全12巻/小学館)など。

漫画家 鈴木央 公式ブログ『鈴木央のだらだらブログリターンズ』
http://blog.livedoor.jp/suzukinakaba/

鈴木さん目線の今回の対談の様子
http://blog.livedoor.jp/suzukinakaba/archives/51953532.html


▲PAGE TOP