YUSUKE NAKAMURA.net

#02鈴木 央×中村佑介

名前なんかいらない?

中村今までだとスポーツ漫画などが強かった『週刊少年マガジン』で王道のファンタジーをやるに際して、何か意識する事はありました?

鈴木もともと僕は、ファンタジーをやろうとは考えていなかったんです。でも、声をかけてくださった担当さんが「ファンタジー描きませんか?」って。僕もその時は、「マガジンはそういう感じじゃないのでは…」と思ったんですけどね。でも、「マガジン作家」というわけでもない僕が、フラッと入ってきていきなりファンタジーを思い切りやるのも面白いかなと。あと、『七つの大罪』はファンタジーとは言え、僕としては、“そこ”を読んで! という感じでもないんです。

中村というと?

鈴木例えばファンタジーのゲームをやっていて、その中の用語とかって事細かに覚えてます? 僕は、全然覚えないんですよ。町の名前とか、アイテムの名前とか。それよりも、全体の世界観や雰囲気が好きでやっている。漫画も、その感覚でつくろうとしています。細かい設定をたくさん詰めるのではなく、そういうところは必要最低限に絞って、基本的には「キャラを描く」という事に重きを置いています。それこそ読み切りの時は、主人公とヒロインの名前くらいしか設定せずに描いたり。

中村もうなんだったら、主人公の名前だっていらないくらいの勢い?

鈴木そうなんですよ、本当に(笑)。でも、さすがに連載だとそういうわけにもいかないので、必要な部分の名前や設定はつけてる、という感じです。

鈴木さんの作業机。机の上にはちょうど執筆中の『七つの大罪』の原稿が!そして充電中の3DSが!!(笑)

下書きの流れや迫力を壊さないようにスピーディに行われるペン入れ。アシスタントはあまり使わず、ほぼ一人で作業をされているとの事。驚きです。

ファンタジー漫画への道

中村鈴木さんが、「漫画家を目指そう」と思ったのはいつ頃だったんですか?

鈴木本格的に動きだしたのは高校の時。僕は小学校の時から、周りにも先生にも「漫画家になる」と言い続けていたんですよ。中学、高校の進路面談でもそう言っていて…。ついに、高校の先生が「いい加減どうするんだお前」って(笑)。そこで、卒業するまでに一本仕上げて何かに応募してみろ、という事になりました。で、生まれて初めて原稿用紙に漫画を描いて、とある賞に応募してみたら、賞を穫っちゃったんです。

中村すげー(笑)!

鈴木でも、その後がもう大変。担当さんがついたけれど、僕はノウハウを全く知らない素人なわけですよ。二作目、三作目を仕上げて見せると、担当さんには「あの輝きは幻だったのか…」って落ち込まれる始末で(笑)。

中村そうだったんですか! 意外…。そこから、どうやって今の鈴木さんに(笑)?

鈴木最初のうちはただただ、「何がいけないんだろう」って思ってました。でもやっていくうちに、だんだん担当さんに言われる事の意味が分かってくるようになって。分かるほど「そんなの描けない!」ってなるんですけどね。ジタバタしながら読み切りをなんとか載せてもらいつつ、ようやく九九年から連載にこぎつけて…。

中村それが『ライジングインパクト』ですよね?

鈴木そうです。その連載まではずっとファンタジーばかりだったんですよ。込み入った設定のファンタジーを出しては、「そういうのもういいよ」と言われ…。それで痺れを切らした担当さんに、「ファンタジーじゃない漫画を描いて」と言われて描いたら、うまくいったという。

中村今振り返ってみると、それまでの漫画はどういうところがダメだったと思います?

鈴木キャラが非常に記号的で、展開に合わせてむりやり動かしているような感じ。「このキャラだったらこう動くだろうな」という風には考えられていなかった。例えばそういうところが、ダメだったと思いますね。それは多分ファンタジーの、その設定にばかり気をとられていたからだと思うんです。設定を詰めるほどキャラの事は二の次になって、どんどん面白くなくなっていくというか。

中村そうか、それでファンタジーじゃないものを描いた途端、設定から解放されて分かった事があったと。

鈴木そうなんですよ。だって、どこかの王国じゃなくて学校が舞台だったら、「学校とは」なんて説明はいらないし、そういう場で、ただ品行方正なヤツとただ熱血なヤツがすれ違うだけだったら、もう漫画として成立しないじゃないですか(笑)。必然的に、キャラに色々な要素が必要になってくるし、ちゃんと何かが起こってなくてはいけない。ファンタジーじゃないものを描いてみて、ようやくそれが分かったんですよね。

中村その通過点があっての『七つの大罪』なんですね。ガチガチの設定ありきのファンタジーを描いて失敗したからこそ、今の作品ではそうしない、という事なんだ。すっごい結実してるな~!

部屋を見渡すとそこかしこに潜んでいるスライムたち。

▲PAGE TOP