YUSUKE NAKAMURA.net

#02鈴木 央×中村佑介

イラストレーター・中村佑介が大大大ファンだと公言している、『七つの大罪』(「週刊少年マガジン」にて連載中)の漫画家・鈴木央さんの仕事場にお邪魔してきました! 仕事場に着くやいなや、テンションも高く盛り上がる中村さん…。当然、熱のこもった対談となりました!

漫画とTVゲーム

中村鈴木さんはゲームがお好きだとブログで知って、それで…(棚を勝手にあさりだす)。

──勝手にいじらないでくださいよ! すいません…。

鈴木いや、いいですよ全然(笑)。ゲーム好きですね~。

中村あ、『ファークライ3』がある! 『デッドアイランド』も!

鈴木それ一〇周くらいやりました。

中村面白いですよね~! あと『スカイリム』も何周もしたそうで。僕もそうなんです。ちなみに鈴木さんはどのスキルを高くしてやってます?

鈴木“隠密”です。隠れて遠くから弓で敵を倒していくようなタイプ(笑)。

中村僕と完全に一緒! 嬉しいわぁ(笑)。でも、週刊連載をしながらよくゲームする時間がありますね。

鈴木睡眠時間を削ってゲームする、みたいな感じです(笑)。

中村ちなみに何時間くらい寝てます?

鈴木原稿中は大体いつも二、三時間くらいです。

中村えー!! 考えられない…。僕、六時間くらい寝ますもん。だからゲームやる時間なくなっちゃうんですよ。

鈴木いや、僕も逆にゲームの時間を減らせば、もっと休みをとれるんだろうなとは思うんですけどね。ついつい(笑)。

中村相当やってますね~。(棚を眺めながら)あー楽しいなぁ。もう今日ずっとゲームの話してていい?

──ダメです。

ゲームや映画、海外ドラマのDVDがぎっしり詰まっている鈴木央さんの棚。

中村が部屋に入るなり食いついた1980年代後半の食玩・ロッテ『ネクロスの要塞』コレクション。鈴木さん曰く「ネクロスに食いついたのは中村さんがはじめて」との事。

▲PAGE TOP